インスタグラムやYouTubeなどを代表とする、ビジュアルが重視されるSNSなどの発信メディアを持つことができる現代。

その中で目的や用途、ターゲットに合わせたビジュアルメッセージが重要になっています。

 

さらに新型コロナウイルスの影響により、非接触コミュニケーションが求められるなか、商品やサービスの魅力がお客様にメッセージを届けるには「見せたい(知らせたい)情報」と「客観視点」をコントロールして「伝わる情報」を構成すべきと考えています。

 

弊社ではそれを、”フォトグラファーの視点”でアプローチします。


フォトグラファーの視点とは

撮影では、被写体の「何を写し、何を写さないか」ということに最も時間を費やします。

闇雲にシャッターを押してしまうと、結局何を撮っているのか目的がボヤけてしまいます。

 

特に新商品や新しいサービスをPRする時は、全てを見せる見せ方を選ぶ傾向になりますが、

 

どこを見せれば魅力的に映るのか?

なにが足りないのか?

 

それら情報を分析・整理して、伝わる情報の方向性を導き出すため、まず徹底的に「よく見る(知る)」ことからスタートします。

 

何にフォーカスし、どこまでアップしたらわかりやすいのか?

撮影で不可欠なこの「情報整理力」こそ、フォトグラファーが一番得意としている視点です。

 

YouTube動画だけでなく、オペレーション、トップメッセージなど作業効率化やモチベーションアップ、インナーブランディングにも、私たちはその視点を使ってストーリーを組み、ターゲットに狙い通りのアクションを起こさせる動画を制作します。


制作実績

総合医療コンサルタント黒田塾 様

新型コロナウイルスワクチン接種オペレーション「高速大名行列方式」を考案した黒田亮太医師が経営している"総合医療コンサルタント黒田塾"様の、ワクチン接種オペレーション動画マニュアルを制作をしています。

この接種オペレーションはTwitterで拡散され、瞬く間に全国からマスコミ・政府・自治体などから取材・見学依頼が殺到し、マニュアル化。

それに合わせて黒田医師にYouTubeチャンネル構築提案、チャンネルを管理。

 

動画は、紙マニュアルの補完的役割のほか、動画オペレーションマニュアルとして、自治体や職域接種の産業医と接種スタッフへの手技解説などにも役立っています。

またこの動画をきっかけに、台湾全土で1000万人規模の接種オペレーションとして採用されるまでに至っています。

 

マニュアル&動画制作・ディレクション・YouTubeチャンネル管理

現在「高速大名行列方式」のサポートチームメンバー

AES JAPON 様

ワインの製造・買付・輸入・小売・卸・レストラン事業など、ワインを中心とした多岐にわたる展開をされているAES JAPON様のYouTube動画制作と、商品&潜在写真、デジタルサイネージなどのビジュアル制作、業務コンサルティングを担当。

またブランド戦略として"ワインライフカンパニー"という理念を形成。

レストラン事業"ルシュバリエ"のウェブサイトの制作も担当。

 

企画・動画制作・広告物制作・商品撮影・業務コンサルティング・ブランドサポート・ホームページ制作

株式会社西都電機商会 様

非常用電源部門・溶接部門・フォークリフト部門を主に、機器や設備の設置・研修・保守・点検を行なっている株式会社西都電機商会の、YouTube動画の制作とYouTubeチャンネルの管理を行っています。

 

BtoBの動画を主に手がけ、分かりやすく役に立つトラブルシューティングや、新機能の紹介、会社案内など、ターゲットのスキルに合った動画を展開し、手厚いフォロー体制が伝わるイメージづくりを行っています。

 

企画・動画制作・ディレクション・YouTubeチャンネル管理

佐藤食品株式会社 様

総合食品卸業をされている佐藤食品株式会社様は、特に有名スーパーマーケットの配送センター事業を行っており、新人研修用のオペレーションマニュアルの制作を行いました。

各スタッフへアンケートを行い現状把握をし、新人研修時に必要と感じた業務内容を明確にし、マニュアル化&動画で展開。

マニュアル任せになりがちな人材教育を、あえてスタッフ間でコミュニケーションが発生しやすいように「穴」を作るなど工夫。

また商品撮影、展示会紹介動画などの制作を行っています。

 

マニュアル&動画制作・商品撮影、展示会紹介動画制作