独自の修整「イメージレタッチ」

これまでの写真で
「あれ?思ってる自分の姿と写真が全然違う…」と
ギャップを感じたことはありませんか?
その理由をご説明します。

カメラならではの「弱点」

眼は、人や物をあらゆる角度から立体的に見て認識しています。
それと同時に「印象」として脳が認識します。
 
でも写真は、人や物を平面的に、さらに「一方向の角度」からしか見ることはできません。
写真からは雰囲気や空気感は感じることはできますが、奥行きがわからず正確なフォルムが掴めないので、「間違った印象」を脳に認識させてしまいます。
 
例えば、撮る角度によって
身幅が太く(痩せて)写ってる…
髪のボリュームが少ない…
姿勢の悪さが目立つ…
シワや二重アゴが目立つ…
 
など、実物と写真では異なった印象を与えそれが目立ってしまいます。
 
一般的には、それを解決するためにカメラマンはライティング修整を駆使します。
肌のシワやツヤ感を消したり、プリクラの様に明るい光で飛ばしたりします。
ただ、過剰な肌修整をし過ぎると、周りから「修整しすぎ…」「どれだけ良く見せたいの?」「自分が好きねぇ」という印象を持たれてしまい、結果的にさらに印象を悪くしてしまうことにもなりかねませんよね。
肌やシワを消したりするには修整の限界があるということになります。

間違った印象を与えるのは「輪郭線」

そこで、タマフォト独自の修整技術、3D修整「イメージレタッチ」が登場です。
それは肌ではなく、全体的な印象を司っている「輪郭線」に着目し、「本当のあなた」の印象近づける考え方です。
最近ではスマホアプリが発達して、顎のラインを極限にまで細くしたり、目を少女漫画みたいに大きくしたりすることも可能ですが、人間の骨格としてあまりに不自然なものなので、印象が変わりすぎてしまい、ビジネスプロフィールには向きません。
本人は良くても周りは割と冷ややかな目で見られているという「自己満足」になる可能性があります。
もちろん肌の修整もしますが、シワやシミは消し去ることはせず、印象を変化させない程度の自然さまでギリギリに薄めます。
逆に印象に影響しない「見えなくて良いシワ」はほとんど消したりします。
そうやって完成した写真のビフォーアフターが下の写真です。
①横を向いて薄くなっている身幅を印象通りの身幅に調整。
②分け目の具合で偏りがあるボリュームを調整。
③肌のシワは消すのではなく「薄く・ほんのり明るく」する程度に。
④光の関係で強調されてしまった首元の「見えなくて良いシワ」はほとんど消します。

 

全く変わったのに気づかれない仕上り

写真しかご覧頂いてないので、信じられないかもしれませんが、修整された本人と周りの人は輪郭線の修整をしたことを言われるまで全く気づかれませんでした。
それは、不必要な肌の修整を行っていないからです。
印象を作っている必要なシワなどはギリギリまで残しているので、印象が変わらないのです。
ヘアスタイルのクセもイメージ通りにしていますから、まとまってる感があります。

「あなたらしさ」を表現する独自の技術です

イメージレタッチは、撮影からはじまっています。

依頼者の希望やイメージをヒアリングして、さらにカメラマンが撮影時に感じた印象をすり合わせて修整するのでイメージ通りの写真に仕上げることができます。
小手先のテクニックではできない、経験・技術・センスが必要なこの技術は、タマフォトだけのオンリーワン修整です。
そして、タマフォトのプロフィール写真にはイメージレタッチが必ず付いてきます。

満足と納得。修整は一緒にします

お客様と一緒に実際に修整する過程をご覧いただきながら行います。

これは一般的なフォトスタジオではやらないことです。

 

撮影後に、一番お気に入りの写真を1枚セレクトして、その写真を一緒に修整するから、修整すべき箇所、コンプレックス、化粧、ヘアスタイルまで調整しながら修整の方向性を決定します。

 

そうすることで完璧でありながら自然な写真に完成させます。

 

メイク技術も参考にしながらの修整は、あまりに細部に及ぶため、お客様の中では「この修整が楽しみなんですよ!」「まるでアトラクション!」「自分のメイクのクセが分かったので、これからメイクを変えます!」「ここまでやるんですね!すごい!」と言っていただいています。